バナー

孫の教育費を支払うことによる相続税対策について

少子高齢化が進む現代において、相続について変化が出てきています。

高齢者が多くの資産を持っていて、これをどう活用化するかというのが課題となっています。



そして少子化という現状の中で、働く世代の賃金というのはあまり増えなく、そして雇用の安定というのが難しい状況です。




そういった中では子供を産んで育てるというのは難しく、少子化に拍車が掛かっています。



そこで祖父母が孫に対して学校の入学金であったり、塾代というものを支払ってもそのお金というのは贈与税が掛からないということになっています。
寿命が延びている状況の中で、相続金をもらえる段階でお金が必要という状況とは限らないです。

更には相続税も増税が予定されておりますので、思ったほど残せないということもあります。



そういった中で子供を育てる上でお金が必要な時に、こういった形でお金を渡せることで、子育てがしやすい環境というのを作り出すことが可能となります。
特に若い世代の親というのは、収入があまり多くないことも多く、そうなってしまうと子供を産むのを諦めてしまったり、ある程度の年齢をいってからの出産というのが多くなっています。



しかし年齢を重ねてからの出産というのは、ある程度のリスクというのが若い頃に比べて多く、それは親に影響を与えたり、子供自身に影響を与えることもあります。

そういう状況の中で相続という形ではなく、贈与という形で渡せることでお金の面での負担というのが少なくなるので、少子化に歯止めを掛けるようになります。

このような形でお金を有効に使うことができます。


http://www.souzoku-planners.com/
http://www.nagasaki-kotsu.or.jp/
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/fufuku/